漢方に関する日本語と中国語の書類の入力及びリネイム業務
~中国語と日本語の表記の帳票入力~

現状の課題

・漢方薬の原料となる薬草の栽培に関する資料。日本語と中国語との表記があり、データ化のコストがかかっていた。

業種 医薬品メーカー
サービス内容 漢方薬
売上高 約900億円
マーケット BtoB

成果

中国語と日本語のデータ入力を効率よく、低価格で実施ができた。

ご提供サービスの詳細

日本・中国
  • 1:帳票を当社の東京センターで受領し、スキャニング。
  • 2:スキャニングしたデータを当社の大連データエントリーセンターへ専用線を介して送信。
  • 3:当社大連センターでは日本語・中国語両方のデータ入力を実施しているため、一箇所にてデータ作成。また、画像データにはIDをリネームして処理。
  • 4:完成したデータ及びIDをつけた画像データを東京センターにてCD-ROMに落とし、クラアント様とクライアント様指定のシステム会社へ納品。

■ 関連サービス:データ入力センター

マスターピース・グループを選んだ理由

いろいろなところに打診をしたが、どこも日本語と中国語の入力は別々のところで実施するために価格が高かったり、業務をやりとりするスーパーバイザーが日本人ではなかったりした。その点をクリアしていて、かつ価格も安かったため。

サービスについてのお問い合わせ
その他関連事例

サービス