法人からの専用注文書のデータエントリー

事例概要(マーケット:B to C)

クライアントプロフィール
業種 通信販売
商材 オフィス消耗品購買システム
売上高 855億円
サービス展開図(日本・中国)
日本・中国 ・オフィス消耗品購買システム専用注文書のデータエントリー業務
・注文用紙不備の場合の確認アウトバウンド、リカバリー入力業務
月間ボリューム 入力:約40,000枚 アウトバウンド:約4,000件。 
背景・課題

・コストの変動費化
・コスト削減
・サービスレベル向上

マスターピース・グループを選んだ理由

・大連センター、中国人オペレーションの運営となり、コストが安く抑えられるため。
・変動費での請求で、業務ボリュームに則した人員配置とコストにすることができるため。

成果・現状

・別のアウトソーシング会社で、東京にて業務を運営、コスト高になっていたことが改善。
 年間約3,400万円のコスト削減。
・1名○円という固定費での請求になっており、業務の可視化、繁閑の対応ができていなかったことが、変動費はもとより業務の可視化、繁閑の対応が可能となる。
・中国人でのオペレーションを可能にするため、業務フローの簡略化も実施。現状は日本人オペレーションは電話のアウトバウンドのみ。その他は全て中国人オペレーションを達成。

関連サービス

サービスについてのお問い合わせ

サービス