世界はますます広くなる
企業とアジアを繋ぐ、
グローバル・コミュニケーション。

カントリーリスクへの対応

マスターピース・グループにおいては、2002年に日本のコールセンター業界では初めてプライバシーマークを取得し、2001年より海外事業を開始しておりますが、 昨今では進出した各国先でデモ、治安悪化、自然災害等国内と異なる様々なトラブルが発生しておりますので、各国の諸事情を踏まえた対策を個別に実施しております。

中国(大連センター)

マスターピース・グループが中国に進出し、既に15年以上の月日が経過しました。その間、中国において、かつてはSARS騒動が巻き起こり、近年では尖閣諸島問題を発端とした反日デモが各地で相次ぎ、 建物や公共施設、ライフラインが破壊されたり公共交通機関に大幅な変更が生じたりと、残念ながら日中関係は決して良好とは言えない状況が続いております。

(1)中国国営高等専門学校との提携事業 2003年に大連市政府の協力のもとに設立されたマスターピース・グループ大連センターは、2005年に大連政府より認定栄誉企業に認定され、2005年に大連総合中等専門学校との提携により、 本センターを中国国営高等専門学校の中に移設しております。従って、センターのロケーションが学校関係者以外立ち入り禁止という安全性が確保されております。

(2)非常時の人員体制 公共交通機関の乱れが発生した場合は、時差出勤、タクシー出勤、会社近辺での宿泊施設の確保により通常通りの運営体制を維持しております。

タイ(バンコクセンター)

マスターピース・グループのタイ進出は、2001年に「タイ王国政府投資委員会」が新たにインターナショナルコールセンター事業を「BOI」新規推奨業種に組み入れたことがきっかけとなりました。 2003年にマスターピース・グループはその第1号認定を受けることが出来ましたが、この間、洪水問題やタクシン・反タクシンの衝突やこれらに起因したクーデター等国家的な危機が何度となく起きましたが、 幸い今日まで営業を中断するようなことは一日もなく、一定の安定したサービスを提供し続けております。

(1)「大分センター」「下関センター」とのデュアルオペレーション
マスターピース・グループの国内2拠点、大分センターと下関センナターはバンコクセンターとシステムでつながっており、3拠点が同じタイミングで受電出来る体制が整っております。従って、万一不足の事態がバンコクで生じた場合でも、国内2センターに業務を集約して継続することがシステム上可能となっております。

(2)バンコク有数のインテリジェントビルに入居
バンコクセンターが入居するビルはタイ王国を代表する大手通信会社も入居するインテリジェントビルで、マスターピース・グループの取引先で国際専用線をご提供頂くKDDI様も同ビルに入居されております。2011年に起きた洪水災害が起きた際にも、数多くの日系企業が閉鎖に追い込まれる中、業務の運営には何ら支障をきたすことはありませんでした。尚、マスターピース・グループのバンコクセンターには、万一の場合に備え、同ビルが所有する発電機とは別に社内に自家発電機を2台常設しております。

(3)非常時の人員体制
万一、バンコク市内などの公共交通機関の乱れが生した場合には、時差出勤、タクシー出勤、会社近辺の宿泊施設で24時間待機する等の保全策の体制を完備しておりますので、常に通常通りの運営体制が維持出来る体制を整えております。

フィリピン(フィリピンセンター)

マスターピース・グループのフィリピンセンターは、2013年にマニラから車で30分程度のオルティガスという新興ビジネスエリアにセンターを設立しました。 オルティガスは繁華街のあるマカティに比べ安全性も高く金融の中心エリアになっており、比較的治安が安定した地域と言えます。 フィリピンのカントリーリスクは、治安に加え、台風等による自然災害が挙げられますが、これにより、人員の確保や電気供給の問題が発生します。

(1)電源、インターネット回線
オフィスビル全体をカバーする自家発電装置が導入されており、万一の停電に対しても対応いたします。また、インターネット回線もバックアップ回線を引いており、安定的な運営が可能となっています。

(2)人員体制
業務の運営は現地事情に精通している地元出身スタッフ中心に構成され、万一、交通機関の乱れが発生する場合は、時差出勤、タクシーでの出勤、会社近辺での宿泊施設(ホテル)の確保により従業員の出勤を確保しております。 尚、日本人管理者は安全性確保のため通勤他移動時にはGrab等の利用を義務付けております。

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルまでお願い致します。

電話受付 平日 10 ~ 20 時

0120-81-4455

お問い合わせフォームはこちら