世界はますます広くなる
企業とアジアを繋ぐ、
グローバル・コミュニケーション。

日本語コールセンター

日本語コールセンターサービスの特長

日本語コールセンターのオペレーターは、運用拠点が海外・日本に関わらず全員日本人を配置しています。BCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)として同一プロジェクトを複数拠点で運用することにより、自然災害・事故・テロ等の予期せぬ緊急事態にもサービスを継続することが可能です。

運用センターの紹介

業務内容やボリュームにより最適な運用センターを提案いたします。

service
servie

※日本人がタイで就労するためのVISA取得期間を含む。BOI(タイ投資委員会)よりBPO事業において200席までタイで日本人を雇用し営業する許認可を得ています。

データエントリーセンターとコールセンターの連携

コールセンター業務に付随して発生するデータ入力やデータ処理業務は、データエントリーセンターで実施することが可能です。作業内容を切り分けることにより、オペレーターは電話応対に集中することができるため、コールセンターの効率と品質が向上します。
また、コールセンターとデータエントリーセンター間には専用線を敷設しており、データ化された情報を元に直ちに顧客へ電話する等の業務もワンストップで実施することが可能です。

service

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルまでお願い致します。

24時間電話受付

0120-81-4455

お問い合わせフォームはこちら