世界はますます広くなる
企業とアジアを繋ぐ、
グローバル・コミュニケーション。

ネット風評モニタリング

日本語・中国語・英語対応可能。365日稼働体制で、貴社に関わるネット上の書き込みを徹底的に監視

こんなお悩みありませんか?
  • インターネットはメディアも非常に多く情報量が莫大で、有用なデータ抽出・分類が困難。
  • モニタリング用のシステムで処理してもデータの分類精度が低くて実用に耐えない。
  • 365日体制で有人監視するのが理想だが、コストに見合わない。

マスターピース・グループは、「システムによるデータ収集」と「目視での分類」を組み合わせ、 365日無休の多言語インターネット風評モニタリングサービスを、低価格でご提供します。

<運用目的の例>

  • ネット上での風評リスク監視(誹謗中傷)
  • 社員の不満、ストライキやデモの噂を収集
  • 顧客からの製品改善要望、クレーム収集
  • 代理店、フランチャイズ店の業務状況把握
  • 機密情報、顧客個人情報の漏えい監視
  • 広告効果の分析
  • 競合他社との比較分析

サービスの特長

1.専用システムを利用して各種ネットメディアの情報を素早く、正確に収集。対象メディアの限定、絞込みキーワードの設定も柔軟に対応可能。

当社の実績と経験に基づき、各国で最適なインターネット上の情報収集のシステムを提案させて頂きます。(カバーできるサイトや範囲、価格などに応じてカスタマイズすることが可能です。)

2.収集した情報を「目視」で「専任オペレーター」が分類・集計。
service

細かいニュアンスをくみ取ることができ、顧客の声やクレームを早期に察知します。また、緊急を要する内容は、発見し次第、即お客様にご連絡いたします。

3.日本語、中国語、英語それぞれネイティブのスタッフによる精度の高い分類を行ったデータは、日報、月報などお客様のご要望に応じた形式で提出。

各海外センターに配置したネイティブスピーカーによって、24時間365日体制でモニタリングサービスを提供いたします。日本語は日本人スタッフが主体のバンコクセンター、英語はフィリピンセンター、中国語・韓国語は大連センターで、それぞれネイティブスピーカーで対応しております。

事例紹介

大手自動車部品メーカー様
海外での事業所において、社員や工員を装って内部情報を暴露したり悪質な風評を騒ぎ立てたりすることを懸念し、問題が生じた際にすぐ対処できる体制を必要とされ、マスターピース・グループにご依頼。当社は、すぐさまお客様自身が運営されている顧客コミュニティサイトと多くのユーザーの目に触れる業界ポータルサイトを対象として、365日の有人監視を実施。お客様のリスク管理の一旦を担っております。

大手衛生陶器メーカー様
自社製品のインターネット上の評判を総合的に集約し、定期的にレポートを提出できる体制を構築。ユーザーのニーズを把握することはもとより、致命的な内容に繋がりかねない書き込みを発見した際の緊急連絡体制を維持することで、お客様のリスク管理部門からも評価をいただいております。

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルまでお願い致します。

電話受付 平日 10 ~ 20 時

0120-81-4455

お問い合わせフォームはこちら