世界はますます広くなる
企業とアジアを繋ぐ、
グローバル・コミュニケーション。

サイト投稿監視

サイト投稿内容監視サービス

service
高い販促効果が見込まれるコミュニティサイトに伴うリスク

ブログやコミュニティサイトは、ポータルサイト運営企業のユーザーの囲い込みのためだけでなく、自社商品のユーザーとのコミュニケーションの手法としたり、ユーザー間の情報交換の場(レビュー等)としたり、販売促進や顧客サポート、サービスとして運営する企業も増えています。
これらのWEBメディアによる販売促進効果に注目する企業は増えてきましたが、一方で、このような双方向性メディアを運営することへのリスク、すなわち、誰でも発言できることを悪用して不適切な内容を書き込まれてしまったり、違法な使い方をされたりといった潜在リスクに対する対処も常に考えねばらない問題となっています。

書き込みへの対応は有人監視が効果的

コンプライアンスの観点から、誹謗中傷をはじめとする閲覧者に不快感を与えかねない不適切な書き込みに即時対応することは、コミュニティサイトを運営するにあたっての必須事項です。
一般的には、「ベイズ理論」を用いて特定の言葉からスパムなどの傾向を割り出す方法が用いられているようですが、日本語解析は困難であるという欠点があり、完全な自動化サービスでは対応の遅滞などのリスクを解消しきれません。ユーザー・コンプライアンスに配慮したコミュニティサイト運営を行うには、やはり、「人」の「目」で監視する事を避けて通ることはできません。

※通常、海外アウトソーシングによって格安に業務を実施している場合は、現地のローカルスタッフ(外国人)によるものですが、マスターピース・グループにおいては、日本人スタッフを常時配置して各種業務にあたっております。監視やモニタリングサービスは当然に高い日本語能力を要するデリケートな業務のため、マスターピース・グループではこれを日本人スタッフによって実施し、コミュニティサイト上の独特の言い回しや難しい言葉のニュアンスなどにも対応しております。

365日24時間体制の有人監視サービス

マスターピース・グループでは、サイト運営者様のご依頼を受けてこれらのサイトを監視し、不適切な書き込みを削除したり、即時報告したりするサービスを24時間、365日行っています。これらは、日本と時差のあるマスターピース・グループの各海外センターを利用しておりますので、他社では中々実現しにくい割安な価格帯でご利用いただけます。監視業務は相応の負担となるため、WEBでのコミュニティサービスが実現出来ないというお客様の問題を解決します。

4ヶ国語で監視を実施

マスターピース・グループの海外ネットワークを利用して、日本語は日本人スタッフが主体のバンコクセンター、英語はフィリピンセンター、中国語・韓国語は大連センターで、それぞれネイティブスピーカーで対応しております。

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルまでお願い致します。

電話受付 平日 10 ~ 20 時

0120-81-4455

お問い合わせフォームはこちら