世界はますます広くなる
企業とアジアを繋ぐ、
グローバル・コミュニケーション。

マスターピース・グループの強み

OUR FEATURES

英語・中国語・スペイン語サービス

マスターピース・グループでは、世界各国に展開する自社センターとGlobal BPO Allianceのネットワークを駆使し、世界人口の約60%(※)をカバーする多言語コールセンターのサービスをご提供しております。
※母語および第二言語を含む使用人口の割合
offShore

GBA(Global BPO Alliance)について
offShore

世界の主要言語である英語、中国語、スペイン語を軸に、国際的に良質で利用しやすい“多言語24時間365日BPOサービス”を追求していくことを目的に、マスターピース・グループと子会社の中国の「95teleweb」社、及びコロンビアの「Colombia Outsourcing Solutions」社が戦略的に提携し、世界ではじめてのBPO事業者によるアライアンス「Global BPO Alliance(GBA)」を設立いたしました。
GBAのミッションは、全てのユーザーが、どこの国にいようと、どんな言語を使おうとも、適正価格で品質を担保し、安心してサービスをご利用いただくことです。現在、英語・中国語・スペイン語を軸に、アメリカ大陸とアジアに特化して各種BPOサービスを提供しております。今後も新たなパートナーを迎え、アジア言語の充実及び要となる欧州・中近東も視野に入れた展開を目指しております。


中国でのBPO 実績20年

マスターピース・グループは、2007年に中国最古参のBPO企業である「95teleweb」社を傘下に治め、中国全省での営業ライセンスを武器に中国最大のBPOサービスプロバイダーに成長しております。
「95teleweb」社は、中国で20年以上の実績があり、世界中の主要なBPOプレイヤーがしのぎを削っている中でも、変わらず中国で多くのお客様にご支持頂いています。
中国で他社よりも良いサービスを提供する為には、都市部での人件費高騰および採用難への対応力が必要不可欠です。中国でのコールセンター出店には省ごとのライセンスを要しますが、「95teleweb」社は全省での営業ライセンスを保持しており、地方出店による安い人件費でのキャパシティ確保が容易になっております。

offShore

その他アジア進出

2007年にタイ王国で日系企業として初めて、BOI(タイ王国政府投資委員会)からBPO事業の投資奨励恩典を受け、日本人を雇用したオフショアコールセンターを設立し、200席まで拡張を認められております。
2013年には英語のコールセンター集積地フィリピンに英語コールセンターを設立。ネイティブな英語を話すフィリピン人オペレーターを雇用し、世界中どこからのコールにも24時間対応できるサービスを開始しました。
また、2017年にミャンマーに現地ユーザー向けのミャンマー語コールセンターを設立するなど、更なるアジア展開を強化しております。


年間30%~ コスト削減

マスターピース・グループでは、中国・フィリピン・コロンビア等に拠点を設け、安価なローカルコストで中国語・英語・スペイン語の提供を実現いたします。
また、カスタム可能な汎用ソフトを駆使し、初期のシステム投資を抑えることが可能。加えてシェアード運用による件数単価を採用しているため、お客様は運営にかかるコストを最小限に抑えることが可能になります。
安価なローカルコスト及び業務効率化により、アウトソーシング後に30%以上のコスト削減を実現します。

cost

超速立ち上げ

見積作成からサービス開始までのスピードを最重要視。ご契約締結後から最短10営業日でサービス開始可能です。
ご発注後は、営業担当がシステム構築担当者及び現地管理者と連携し、ご希望のサービス開始日までに運用に必要なマニュアルやシステムの準備、トレーニング等を完了いたします。
お客様のご都合に合わせたサービスのフレキシビリティーを追求いたします。

speed

マスターピース・グループの強み

OUR FEATURES

英語・中国語・スペイン語サービス

offShore

マスターピース・グループでは、世界各国に展開する自社センターとGlobal BPO Allianceのネットワークを駆使し、世界人口の約60%(※)をカバーする多言語コールセンターのサービスをご提供しております。
※母語および第二言語を含む使用人口の割合
offShore

GBA(Global BPO Alliance)について
offShore

BPOサービスをご提供する上で、世界の主要言語である英語、中国語、スペイン語を軸に、国際的に良質で利用しやすい“多言語24時間365日BPOサービス”を追求していくことを目的に、マスターピース・グループとその子会社である中国の「95teleweb」社、及びコロンビアの「Colombia Outsourcing Solutions」社が戦略的に提携し、世界ではじめてのBPO事業者によるアライアンス「Global BPO Alliance(GBA)」を設立いたしました。
GBAのミッションは、全てのユーザーが、どこの国にいようと、どんな言語を使おうとも、適正価格で品質を担保し、安心してサービスをご利用いただくことです。2018年現在、英語・中国語・スペイン語を軸に、アメリカ大陸とアジアに特化して各種BPOサービスを提供しております。今後も新たなパートナーを迎え、アジア言語の充実及び要となる欧州・中近東も視野に入れた展開を目指しております。


中国でのBPO 実績20年

マスターピース・グループは、2001年の大連進出を皮切りに、2007年に中国国内最古参のBPO企業である「95teleweb」社を傘下に治め、中国全省での営業ライセンスを武器に中国最大のBPOサービスプロバイダーに成長しております。大連進出時には大連政府に働きかけ、中国版プライバシーマーク「PIPA」の制度設計に寄与し、第一号取得企業として認定されました。
「95teleweb」社は1998年に設立された企業で、中国で20年以上の実績があります。中国がBPO事業者にとって世界の主戦場となっており、世界中の主要なBPOプレイヤーがしのぎを削っている状況で、「95teleweb」社は多くのお客様に選ばれています。中国で他社よりも良いサービスを提供する為には、北京など都市部での人件費高騰および採用難への対応力が必要不可欠です。中国でのコールセンター出店には省ごとのライセンスを要しますが、「95teleweb」社は全省で運用可能な営業ライセンスを保持しており、地方出店による安い人件費でのキャパシティ確保が容易になっております。
offShore

その他アジア進出

中国以外では2007年にタイ王国で日系企業として初めて、BOI(タイ王国政府投資委員会)からBPO事業の投資奨励恩典を受け、日本人を雇用したオフショアコールセンターを設立し、200席まで拡張を認められております。
2013年には全英語圏のコールセンター集積地でもあるフィリピンに英語コールセンターを設立し、訛りのないネイティブな英語を話すフィリピン人オペレーターを雇用し、世界中どこからのコールにも24時間対応できるサービスを開始しました。
また、2017年にミャンマーに現地ユーザー向けのミャンマー語コールセンターを設立するなど、更なるアジア展開を強化しております。


年間30%~ コスト削減

マスターピース・グループでは、中国・フィリピン・コロンビア等に拠点を設け、現地のネイティブスピーカーをオペレーターとして雇用し運用することにより、安価なローカルコストで中国語・英語・スペイン語の提供を実現いたします。
仕組みの面では、カスタム可能な汎用ソフトを駆使することで、初期の大規模なシステム投資を抑えることができます。また、シェアード運用による件数単価を採用しているため、お客様は運営にかかるコストを最小限に抑えることが可能になります。運用開始後も業務分析を継続し、無駄なフローや手順を見直して常に改善を続け、徹底的に効率化を追求いたします。
安価なローカルコスト及び業務効率化により、アウトソーシング後に30%以上のコスト削減を実現します。

cost

超速立ち上げ

見積作成からサービス開始までのスピードを最重要視し、ご契約締結後から最短10営業日でサービス開始も可能です。
ご発注後は、営業担当が専任のシステム構築担当者及び現地管理者と連携し、ご希望のサービス開始日までに運用に必要なマニュアルやシステムの準備、オペレーターのトレーニング等を完了いたします。
お客様のご都合に合わせたサービスのフレキシビリティーを追求いたします。

speed

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルまでお願い致します。

24時間電話受付

0120-81-4455

お問い合わせフォームはこちら